オリジナルのFI、バイク、クラシックカー等の精密ペーパークラフトを中心に作品を紹介しています。Mikio Kajiwara Orijinal PaperCraft

2017-08-13

ペーパークラフト制作に使用する道具

ここでは、ペーパークラフトを作成する時に私が使用しているツールを紹介しています。
はっきり言って自由です。これを使わなければ行けないというルールはありません。
自分で便利だと思う物を使っています。参考になれば幸いです。


●デザインカッター(30度刃)●
私の場合少しでも切れなくなるとすぐに新しい物に交換します。主にカットに使用しますが、折り線の筋入れにも使用しています


●シャープペン●
あれば便利、サイズ変更の時、線やアタリを描きます。


●カッター●
大きな部分をカットするのに使用しています


●手芸用ラウンドバサミ●
アールの付いたハサミで非常に便利なハサミです。Rの付いた部分やマーキングシールのカットに使用しています。


●円切りカッター●
円上の物をカットする時に使っています。


●ピンセット●
細かい部分の貼り付けには欠かせません。


●皮用ポンチ●
2mm~10mmのサイズを用意しています。これは円切りカッターでは切れない小さな円を切る時に使っています。


●ハサミ●
キットを大まかにカットすらならハサミで十分です。


●カッティングボード●
大きなサイズの物と小さなサイズの物を用意すると便利です。


●各種円柱棒●
円柱状のパイプを作る時にガイドとして使用しています。私の場合2.5mmから20mmまでの真鍮やプラスチック、アルミの円柱棒を用意しています。


●スプレーボンド●
私のキットの場合、黒色の紙を使用していますので、白い紙の図面を紙の上に貼り付けてカットしています。そのためデザインボンドは欠かせません。また大きな面を張る時はボンドではなく「77」のスプレーボンドを使用しています


●のりテープ●
最近はこんな便利な物も出ています。大きな面を張る時も重宝します。


●金ベラ●
ボンドを大きな面の「のりしろ」に付ける時や折り線用の筋入れにも使用しています。


●バーニシャー●
これは従来、インレタやスクリーントーンを貼り付ける時に使用する物ですが、私の場合はカット部分を平らにする時や逆に紙面にアールを付けたい時に使っています。


●千枚通し●
円をコンパスで切る時にあらかじめ中心にこれで穴をあけて、しっかりと中心点を確保します。
※このほかに、ボンド、定規は当たり前なので載せませんでした。